スタートアップという新しいタイプの会社

スタートアップ企業というのは、日本で言うところのベンチャー企業のことです。
ベンチャーという言葉は和製英語であって、本場アメリカではスタートアップというのが普通です。最近は日本でも、IT系の企業を中心にしてスタートアップというケースが増えてきています。
ですから、日本でもこの言葉は比較的通用するようになってきています。

革新的な技術や専門的な知識を活かして、いままでになかった事業を立ち上げることをベンチャーと言います。新しい事業というのは、いつの時代にも必要とされるもので、その国の発展には欠かせない要素となります。したがって、時の政権もこうした会社が増えるようにとさまざまな制度を作って支援をしているのです。
アメリカではそうした支援がうまくいって、世界的な企業が生まれたりしていますが、日本ではまだまだうまくいった例というのは少ないです。

ベンチャー企業は、ITや医療、エネルギーなどの先進的な分野でできやすいとされています。
飲食などのサービス業では、なかなか新しい技術や発想というのは生まれにくいものなのです。
そういった業界では、大手企業に勝る会社を新しく立ち上げることは困難です。
先進的な分野は、うまいアイデアがあれば一気にトップに踊り出ることができるので、小さいできたての会社にでも勝機があるのです。
とくにIT業界ではアイデア次第で、たいした技術がなくても売上を伸ばすことができます。最近はそうして価値を高めた企業がいくつも出てきています。
起業するには、斬新なアイデアが必要なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です